【おいしく食べて楽しい食を】

子どもたちの孤食が問題になっていることをご存知ですか?
両親共働き・晩御飯は塾で食べる・習い事があるので子どもだけ先に(もしくは後で)
いろんな環境があり、家族みんなで食事をする。
といった時間が減っているようです。
一人でご飯を食べる。
確かにお腹はいっぱいになります。
ですが、満腹感は得られても、幸福度はどうでしょうか。
笑いながら食べると栄養の吸収率がアップすると言われています。
家族と、友達と、楽しくおしゃべりをしながら食事をすると、幸せな気持ちになります😍
幸せな気持ちになると、脳内の「セロトニン」というホルモンが分泌され、
消化酵素の働きが活性化され、栄養素の消化吸収がよくなります😄
おいしく食べるとストレスが解消されるのです!!
食事=楽しい
という条件反射ができている子どもは食べることが好きになります♡
好き嫌いなく、なんでもよく食べる子に育って欲しいとみんなが思っているはずです😃
「食べる意欲」は「生きる力」の基本です。
この食べる意欲があって、ものを食べる健康な歯があって、
生きる力の源になります。
乳幼児のうちから健康な歯・食べる力・食べる意欲の育て方を伝えていきませんか?