【離乳食で大事なこと】

家族全員で食卓を囲みましょう☺️
赤ちゃんだけ別の時間に食事をする必要はありません。家族が食事をしている姿を見て、赤ちゃんは食事をすることを覚えます。
一人で食べさせてもお手本になる人がいないので、赤ちゃんは何をどうすればいいのかわかりません。
なので、家族が食事をしている姿を見せてあげてください。
家族みんなが赤ちゃんのお手本になります☺️
赤ちゃんが楽しめる時間にしましょう♪
まだまだ上手に食べることができない離乳食初期に、
お腹がすいている状態で離乳食を食べようとしても、上手にお口に入らず、お腹がすいているのに食べられないのでいらいらします😫
ミルクを飲んだあとなど、お腹がすいていない状態にしてあげましょう。そうすることで食事の時間が楽しくなります。
離乳食初期は、食材の味や食感、食べる楽しさを知る時なので、きちんと「食べる」ができなくても大丈夫です。
栄養はまだまだ母乳やミルクから摂取しているので、口に入らなくても心配はいりません。
目で見て、掴んで、口に運ぶ、味を知る、食材の食感を知るなどの練習を楽しくできる環境を作ってあげましょう😍
椅子にはまっすぐ座らせてあげましょう♪
足裏は床などにつくようにする工夫が必要です。
何よりも大切なのは、赤ちゃんのためだけの食事を作るのではなく、家族と同じものを食べさせることです。
ですので、赤ちゃんが食べられるような健康的な食事を家族みんなが食べることが大切です☺️
赤ちゃんに塩や砂糖は必要ありません。
赤ちゃんの頃の味付けは一生の味覚を作ります。
食材そのものの味を教えてあげましょう😊