【授乳中の姿勢もお口を育てます】

哺乳瓶について先日はお伝えしましたが、哺乳瓶の先「二プル」は、二個以上を交互に使うことがお勧めです。一個のものに慣れてしまうと、新しく交換したときに嫌がる可能性があります。
そして、二プルは劣化するので、必ず一カ月程度で交換するようにしましょう😊

授乳中の姿勢
母乳であっても、哺乳瓶であっても姿勢が悪いと飲み込み方に変な癖がつく可能性があります。
母乳では左右交互に飲ませますが、
哺乳瓶の場合だと、お母さんの上げやすい方向に偏りがちです。
哺乳瓶でも抱っこの方向をかえて、寝かせて飲まさないようにしましょう。
私の娘が、まだ入院中にあまり上手におっぱいが飲めませんでした。
そこで看護師さんに言われたのが、

お母さん、寝転んで水飲める??☺️
いや、難しい。ってか、無理?
そうなんです‼
寝転んで飲み込むってできないんです。
できるとすれば無理やり飲み込むので変な嚥下の仕方をしているのです。
母乳でも、人工乳でも、携帯片手に授乳するのではなく、赤ちゃんの様子をよく見て授乳することが大切です🥰
あ、それも人工乳のメリットかもですね。抱っこと哺乳瓶で両手が塞がるから携帯見れない。
もしかしたら母乳のお母さんの方が赤ちゃんを見ていない可能性が高いかも・・・・?🧐