【離乳食(補完食)スタート】

離乳とは・・・子どもの成長に伴い、おっぱいだけでは足らなくなってくるエネルギーや栄養素を補完するためにおっぱいから幼児食へ移行する過程のことで、そ時の時に与えられる食事を離乳食(補完食)といいます。
補完食・・・WHOでは離乳食のことを補完食と訳されています。
哺乳から離乳食への大きな変化
①乳汁から固形物を食べるという変化
②「食べさせてもらう」から「自分で食べる」ことへの変化
この時期の赤ちゃんは、おっぱい(ミルク)を飲むことから、固形物を噛んで飲み込むというように食べ方も変わります。
この変化の大きい離乳期は、コミュニケーションを取りながら赤ちゃんの食べる意欲に合わせて「楽しく食べる」
ことが大切です。
離乳食の開始が早すぎると赤ちゃんに害があるように、
始めるのが遅すぎてもよくありません。
離乳食を赤ちゃんの発達に合った時期に始めることは、
口と舌の筋肉を発達させ、食べ方を学びます☺️
離乳食の開始を先延ばしにしすぎたり、
おとなのペースで離乳食を進めていくと、
赤ちゃんのお口の発達を妨げ、お口ぽかんになったり、
歯並びが悪くなったり、噛まない、噛めない、飲み込めない。などの悪影響を与える危険があります😰