ベーシックコース

ベーシックコース

歯科医療に対する国の方針について、なぜ歯科で食育が必要なのか。赤ちゃんのうちからの授乳や離乳食で口腔周囲筋を育てることができます。授乳の方法やその大切さ、BLW離乳食で食べることが好きになる子どもを育てます。 授乳や離乳食を通して口腔周囲筋を鍛えるとともに、「自分で食べる」が食べる力を育てます。小さいころからの食の選択がとっても大切です。乳幼児期に、何をどうやって食べるのか。三歳までに何を食べたかで将来の味覚が決まります。味覚を育てるとともに、食習慣も育てます。小さいころからきちんとした食生活を送ることでおとなになってからもきちんとした食生活をおくることができます。食べるためには赤ちゃんのうちから体幹をしっかりと鍛えることが大切です。体幹を鍛えるために、はいはいはすごく重要です。はいはいの大切さについてもお話します。